猫の食事

猫のドライフードについて真剣に考える
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ペットフードの表記

日本で販売されているペットフードの表記は
ペットフード公正取引協議会」が定めたルールに沿っているものらしいです。
必ず記載しなければならない表記は以下の通りです。
●分類:何のフードであるか(ドッグフードであるか、キャットフードであるか、など)
★目的:何のためのフードか(総合栄養食であるか、一般食であるか、など)詳しくは下記
●内容量
●給与方法:上げ方やその量
★賞味期限(表記のされ方は様々)詳しくは下記
★成分:詳しくは下記
●原材料:どんな材料で作られたのか→くわしくは後ほどエントリー予定
★原産国:詳しくは下記
●事業者:製造・輸入・販売

★目的
総合栄養食には 1.幼猫期・成長期・グロース 2.妊娠期・授乳期 3.成猫期・維持期・メンテナンス と
3つの成長段階が記載されていなければならない。

★賞味期限
未開封でパッケージに記載された保存状態(ex.冷暗所にて保存 など)の場合に、
栄養や風味を保障できる期間のこと。

★成分
そのフードに含まれる粗タンパク質・粗脂肪・祖繊維・祖灰分・水分の重量比を%で表示。
保証分析値や保証成分値と記載されていることもある。
ここで表記されている「祖」とは、その成分を広い範囲で分析。例えば
タンパク質は多種類のアミノ酸などで構成されているが、これらの成分までも
計算されていることになる。

★原産国
フードの最後に加工が行われた国が原産国となる
よって原材料の生産地を表すものではない。輸入されたものでも
最終的な加工が日本であれば表記は「日本」または「国産」となる。

--------------
成分についてはAAFCOの基準が公にはありませんし、(いろんなしがらみがあるようです)
原産国も原材料についても曖昧な気がしてなりません。
究極は手作り食、かな?
ペットフード公正取引協議会の定めたルールってのもね、
なんだかなぁ・・・本当に動物のこと考えてくれているんだろうか?
という印象です。
フードについてのあれこれ | permalink | comments(14) | -

プレミアムフードって?

猫と一緒に暮らし始め、フードについては
国産以外でAAFCOの記載があるものを基準に
それ以外は特に気にしていませんでした。
しかし、気になるフレーズを見つけたのです。それは・・・『プレミアムフード』。
な、なんか言葉からして良さげな感じ!
単純な自分は特に考えもせず国産以外でAAFCOの表示があって
プレミアムフードの触れ込みがあればOK!そう思った
のでした。

さて、『プレミアムフード』とは何のことでしょう?
いろいろ調べてみた結果、簡潔に言うと
『原材料に良質なものが使われ、有害とされる(余計な)食品添加物も入れないようにしているもの』。
メーカーによって説明はまちまちですが、余計な添加物は使ってないぜ、なるべくいい材料も使ってまっせ
ということみたいです。しかし、しかしですよ!
裏の原材料をみると「これってプレミアムって言える?」と思われるものがちらほら。
人間の食品と一緒ですね。

結果、こう思ったのでした。
人間の食品にしても、ペットフードにしても、はっきり原材料の根本が分からなければ
安全とは言えない。

人間の食品については「トレーサビリティ」なんていうシステムが出てきましたが
ペットフードについてはこのようなことは皆無です。
人間のトレサビだって一部なのですから、当然といえば当然なのかもしれません。
人間だって添加物いっぱいのものを食べているのですから
神経質に考えすぎなのかもしれません。が、気になるところではありますよ。。。
本当は手作り食が一番なのかもです。(なかなか難しいですけどね)

食品添加物リスト(人間のものですが、参考に)
続きを読む >>
フードについてのあれこれ | permalink | comments(2) | -

AAFCO(米国飼料検査官協会)栄養基準について考える

ペットフードにはよく、AAFCO(米国飼料検査官協会)栄養基準と書かれてあります。
これって一体何でしょう?私は猫のオーナーになってフード選びの1つの基準として
AAFCOの表示が必ずあるものが良い、と教えてもらいました。
この時、何の疑問も持っていなかったのですが
AAFCOって一体なに?と思うようになったのです。
簡単に書くと
『ペットフードの栄養基準、原材料、ラベル表示などに関するガイドライン』
くわしくはこちら
表示にもこだわりがあるようで
「AAFCO認定」、「AAFCO承認」、「AAFCO合格」などの表示ではいけないそうです。

しかし、これ、良く分からないです。ガイドラインってなに?
どのようなガイドラインなの?
本当のところ、AAFCOの示す基準というものは
『栄養のバランス』(1kgあたりに含まれる成分)であって
原材料を厳しく規制しているものではないらしい
のです。

AAFCOは確かに1つの基準ではあるけれども
AAFCOだから良い、というわけでもないように思います。
フードについてのあれこれ | permalink | comments(2) | -

フードジプシー

いままで、いろんなドライフードを試してきました。
しかし、未だにフードジプシーです。
ここでは「我が家の猫にとって」良いと思われるフードを
探して行こうと思います。

そして、いままで試したことのあるフードについて
様々なことを記録として残して行こうと思います。
(不定期更新)

何故「我が家の猫にとって」なのか?
猫には個体差があり、嗜好もちがうからです。
ウチのコにとって食いつきの良いフードであっても
他のにゃんちゃんにとって
苦手なものだったりするかもしれないからです。
しかしながら、
参考になるところもあるかもしれませんし
これをご覧になった方たちのいろんな意見をお聞きしたいと思いました。
ブログはいい記録になると思っています。
つぶやき | permalink | comments(0) | -
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE